妻であるPさんの方に不貞があったが訴訟で離婚できた事例

(事案)

 Pさんと夫は,20年以上の婚姻歴があり,2人の間の子どもも皆成人しています。Pさんは,夫からの性的な要求を負担に感じており,日常的に粗暴な言動をする夫に対する愛情は薄れていました。

 

 Pさんは,仕事関係で知り合った男性と交際するようになりました。しばらくして,Pさんの夫に,男性との交際が知られてしまい,Pさんは,夫に謝り,しばらく夫との生活を続けました。しかし,Pさんと夫とは,頻繁に喧嘩をし,夫がたまにしか家に帰ってこなくなりました。

 

 子ども達もPさんの味方だったので,夫が家を出て行くことになりました。その後,夫は,男性を相手に裁判を起こし,交際していた男性が慰謝料を支払いました。

 

 そして,夫からPさんに対し,離婚調停が起こされました。夫は,Pさんの不貞についての慰謝料とPさんから家出に追い込まれたので,家出までの間のPさんから受けた行為に対し高額な慰謝料を請求して来ました。Pさんは,すぐに弁護士に相談に来られました。
 

(弁護士の関わり)

 弁護士は,Pさんの代理人となって,離婚調停の申立をしました。調停では,夫からの金銭の要求が高額にすぎたので,話合いにはなりませんでした。

 

 調停が不成立になった後,夫が離婚訴訟を提起してきました。
 弁護士は,Pさんの不貞についての慰謝料は,交際相手だった男性が既に支払済みであることを述べるとともに,夫が家を出るまでの間にPさんが嫌がらせ行為などしていないことを主張していきました。

 

 結果として,裁判では,夫からPさんに対する慰謝料請求は認められませんでした。
 訴訟では,裁判官の前で,Pさん,夫の双方が質問を受ける機会もあり,解決まで長い期間がかかりましたが,Pさんも満足のいく結果となりました。

 

補足

離婚慰謝料は,浮気した夫婦の一方と浮気相手の第三者が他方配偶者に対して,一緒に暴力をふるったのと同じ関係にあり,片方がお金を支払うと,もう片方の責任は減るという関係にあります。

 

法律上は,不真正連帯債務といわれている関係です。したがって,浮気相手の第三者が既に高額の慰謝料を支払済みの場合は,責任がないという主張をすることがあります。
 
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら