養育費の一括前払いの約束を,分割払いで合意し直すことができたHさんの事例

(事案)

 Hさんは,妻と婚姻し子供が生まれたばかりでした。Hさんは,妻の両親との関係で悩んでいました。Hさんは,妻の両親に責められ過呼吸になったこともありました。そのような中,Hさんと妻との仲も悪くなっていきました。

 

 Hさんは,ささいなことで妻と喧嘩をするようになりました。Hさんと妻が喧嘩をした後,妻が子供を連れて実家に帰ってしまいました。Hさんと妻は両親と双方の仲人も交え,離婚の話合いを数回行いました。話合いの席上,Hさんの意思の確認をすることなく,Hさんの親や仲人が妻の親に対し,養育費1000万円を一括前払いすると言ってしまいました。

 

 しかし,Hさんは,そのようなお金はないし,今後,自分が再婚して子供ができるなどの事情の変化があるかもしれないので,養育費を一括で前払いすることに納得できませんでした。親や仲人の立場もあるので,Hさんは弁護士に依頼した方が良いと考え,弁護士のところへ相談に行きました。
 

(弁護士の関わり)

 弁護士はHさんから協議離婚の交渉の依頼を受けました。Hさんは,弁護士を通じて,妻に対し,離婚したい旨,親権者を妻にすること,養育費を分割払いにしたい,財産を分けたいという自身の意思を伝えました。

 

 妻は,当初は,養育費の一括前払いに執着していましたが,時間をかけて粘り強く交渉した結果,分割払いの提案を受け入れてくれました。その他,Hさんと妻には,結婚後に作った100万円ほどの預金があったため財産分けも行いました。

 

 また,Hさんと子供の面会の内容についても取り決めを行いました。Hさんと妻は,合意した内容を公証人役場で公正証書にしました。

 

 

 本件では,妻が提案した養育費1000万円の一括前払いという支払方法から,Hさんが希望した分割払いにまとめ直すことができ,Hさんの意思に適った解決ができました。
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら