夫から離婚調停,離婚訴訟を起こされたが子の親権を得たKさんの事例

状況

Kさんは,夫と20年以上前に婚姻しました。Kさんと夫との間には,子供が3人いました。Kさんは,夫の日常的な暴言に長期間悩んでいました。夫から家から出て行くように言われ,一番下の子1人を連れて自宅を出ました。別居後も夫は,生活費をくれませんでした。Kさんは,社会福祉協議会から借入をして新たな新居を借りて子供との新生活をスタートしました。

 

その後,夫から離婚調停を申立てられ,Kさんは弁護士のところへ相談に来られました。
 

弁護士の関わり

Kさんは,生活費に困窮しており,弁護士は,夫から生活費をもらうため,すぐに,裁判所に婚姻費用(生活費のこと)分担調停を申立てました。

 

その後,夫とKさんの離婚調停は親権の争いがあり不成立になり,夫は訴訟を提起し,Kさんと一緒に暮らす子の親権者を夫にするようにとの要求を続けました。

裁判所は,Kさんと暮らす子の親権者をKさんとする判決を出しました。

 

補足

夫との離婚を有利に進めるためには,婚姻費用(生活費)の請求をすることがしばしば有効です。別れない限り収入の少ない妻に対する生活費を負担し続けることは,愛情の冷めた夫にとっては苦痛以外のなにものでもないからです。
 
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら