同居したことがない夫と、訴訟にて離婚した妻Fさんの事例

状況

Fさんは,数年前に夫との婚姻届を出しました。
しかし,一度も夫とは同居していません。Fさんは,夫の子を出産しました。
夫は,一時期は生活費をくれていましたが,仕事を辞め,生活費をくれなくなりました。
また,Fさんが夫の家に夫に会いに行ったところ,夫が他の女性と一緒に暮らしていることを知りました。

 

Fさんは,夫に離婚して欲しいと頼みましたが,夫からは離婚しないという回答と脅迫ととれるような内容のメールが大量に送られて来ました。
その後,Fさんは,夫に精神的な病気があることを知りました。

 

Fさんは,一日も早く離婚したいと考え,自身で調停を申立てましたが,夫は嘘ばかり言って,離婚に応じず,調停は不成立になりました。
Fさんは,離婚訴訟をするために弁護士に相談しました。
 

弁護士の関わり

弁護士は,Fさんの1日も早く離婚したい,夫は無職でお金もないので慰謝料はいらないという意思をくんで,夫に対し,離婚と子の親権をFさんとすること,子の養育費を求める裁判を提起しました。
裁判では,夫が浮気を認めたことなどから離婚判決がなされました

 

コメント

話合いで離婚ができない場合,裁判所を利用しなければなりません。
まず,裁判所での話合いである調停を行い,調停でも離婚の合意ができない場合には調停が不成立になります。調停が不成立になった段階で,離婚訴訟が必要となります。
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら