=================================================================================================

財産分与で自宅と夫名義の満期間近の簡易保険の保険金の半分をもらった妻Bさんの事例

状況 

専業主婦のBさんは,自営業の夫と約40年前に結婚しました。
Bさんと夫との間には3人の子どもがいますが,皆成人しています。

 

夫は,時々,怒るとBさんの肩やおしりなどを殴ったり,Bさんの体を足で蹴ったり,物を投げつけることがありましたが,Bさんは病院には行っていませんでした。

 

ある日,子どもが夫と浮気相手の女性と思われる人物が買い物をしているところを目撃しました。Bさんは,離婚を決意。
しばらくして,夫は,家に帰らなくなり,Bさんに生活費もくれなくなりました。
Bさんは悩んで,弁護士のところへ相談に来られました。
 

弁護士の関わり

弁護士は,生活費をもらうための婚姻費用分担調停(離婚までもらえる毎月の生活費の額を決めるもの)と離婚調停を申立てました。
特に,離婚調停では,相手方の浮気についての慰謝料と夫名義の自宅の土地建物,夫が掛けていた満期が間近な保険の保険金などの分け方が問題になりました。

 

調停での話し合いの中で,夫が夫名義の自宅の土地建物の住宅ローンの残ローン300万円を払い続けること夫名義の自宅の土地建物にBが住み続け,住宅ローンが完済した際に,名義をBに変えて,Bの持ち物とする合意ができました。代わりに,浮気慰謝料については払ったものとするという取り決めをしました。
また,夫名義で夫が掛けていた満期が近い保険の保険金について,半分の額についてBさんが取得できました。
 

補足

Bさんが専業主婦だったこと,ご高齢でこれからお仕事を探すことは難しいと考えられましたので,財産分与に重点がありました。
 
暴力もある夫でしたので,弁護士を入れての話し合いが必須の事案でした。
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら