労災問題を弁護士に依頼するメリット

1 労災保険給付の請求手続をサポートします

労災保険によって給付される給付金・年金・一時金の種類は多岐にわたります。
給付を請求するにあたっては,どのような種類の給付が受けられるのか,その給付を受けるためにどのような書類を提出しなければならないのかなどについて判断しなければならず,一般の方が自力で請求するのは容易ではありません。

 

また,障害が認定されるような労災事故の場合には,どのような医療記録を取得するかによって認定される等級が変わってきますので,医療記録を取得するにあたっても十分な注意が必要です。

 

労働者が労災に遭ってしまった場合に,速やかに,かつ,適正な労災保険給付を受けるためには,専門家である弁護士のサポートを受けることが最善の選択です。
 

2 労災保険でカバーできない損害についても賠償を請求します

労災保険による給付は,治療費,休業損害の一部及び障害が残ったことによる損害が対象になっており,労災保険給付を請求しても,いわゆる慰謝料(精神的な損害の賠償)を受け取ることはできません。また,労災保険は労働者の保護のために認められる最低限の補償にすぎないので,十分な給付を得られない場合があります。

 

このように,労災保険ではカバーできない損害が発生する可能性がありますが,事業主側が労働者の安全に十分配慮していないことによって労働災害が起きた場合には,事業者側の安全配慮義務違反を理由に,事業者等に対して労災保険の範囲を超えた損害賠償請求が可能です。

 

このような請求には過失の有無や損害額の算定について法的な判断が不可欠となりますので,一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。
 

3 弁護士が入ることで交渉のストレスが軽減します

残念なことに事業者が労災保険の利用に非協力な態度をとる場合があり ます。また,事業者が自らの安全配慮義務違反を認めることはほとんどないと言っていいでしょう。

 

このように,労働災害において労働者は被害者でありながら,非常に弱い立場に置かれています。専門的な知識がないままに事業主側と交渉することはそれ自体が非常に大きなストレスとなります。

 

そこで,弁護士に相談して,法的なアドバイスを受けながら,場合によっては弁護士を代理人として立てることで,初めて事業主と対等な立場でストレスを軽減した状態で交渉を行うことが可能となります。
労働災害に遭った場合には,身近な味方としてまず弁護士にご相談ください。
 

労災問題に関するほかの記事はこちら

労働災害とは

労災保険について

事故発生から解決までの流れ

弁護士に依頼するメリット



Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。