相続人の範囲

法定相続人とは、民法によって定められた相続人のことで、残された親族が誰であるかにより、相続できる人や相続割合が異なります。法定相続人の優先順位は下記のとおりです。
 

法定相続人の優先順位

配偶者

配偶者は、常に相続人になります。
血族相続人がいるときは、それらの者と同順位の相続人となります(民法890条)
内縁関係にある者には相続権がありません。解釈論上、内縁関係にある者の居住権は認められています。
 

血族相続人

1 子(第一順位,887条1項)
女子で結婚していても、養子に行っていても、相続権はあります。
実子も養子も嫡出でない子についても相続権はあります。
亡くなった時点で、その方の子供が既になくなっていた場合はそのさらに子供(被相続人の孫)が相続します。これを代襲相続といいます(887条2項)。
 
2 父母などの直系尊属(第二順位,889条1項1号)
 
3 兄弟姉妹(第三順位,889条1項2号)
兄弟の子は、代襲相続します。但し、兄弟の子までで、兄弟の孫は再代襲をすることはありません(昭和55年の改正前は,再代襲が認められていました)。

 

残されている親族 相続分
亡くなった方に配偶者と子がいる場合 配偶者、子ともに1/2ずつを相続
亡くなった方に配偶者と父母がいる場合
(子はいない)
配偶者が2/3、父母が1/3を相続
亡くなった方に配偶者と兄弟姉妹がいる場合
(子も父母もいない)
配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4を相続
亡くなった方に配偶者のみいる場合
(子も父母も兄弟姉妹もいない)
配偶者が全てを相続
亡くなった方に配偶者がいない場合で、
子・父母・兄弟姉妹いる場合
子供が全てを相続
(注) 上記表による相続分は,昭和56年1月1日以降の相続に関してであり,それ以前の相続分は異なります。
 
昭和55年12月31日以前の相続分に関しては,下記のとおりです。
残されている親族 相続分
亡くなった方に配偶者と子がいる場合 配偶者は1/3、子は2/3を相続
亡くなった方に配偶者と父母がいる場合
(子はいない)
配偶者、父母ともに1/2を相続
亡くなった方に配偶者と兄弟姉妹がいる場合
(子も父母もいない)
配偶者が2/3、兄弟姉妹が1/3を相続
亡くなった方に配偶者のみいる場合
(子も父母も兄弟姉妹もいない)
配偶者が全てを相続
亡くなった方に配偶者がいない場合で、
子・父母・兄弟姉妹いる場合
子供が全てを相続

当事務所の相続に関する解決事例 一覧

法定相続分についての貯金を訴訟をして受け取ったFさんの事例

父が後妻に遺産を全てやるとの遺言をしていたために前妻の子Jさんらが裁判をした事例

死後3ヶ月以上経過した後に相続放棄を受理してもらった事例

故人の預金を解約したいが相続人の中に行方不明者がいたという事例

当方が主張する贈与契約の不存在が裁判で認められた事例

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い)

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い2)

遺産分割審判になった事例(寄与分が認められた事例)

遺産分割審判になった事例(寄与分及び特別受益の持ち戻しを認めた事例)

遺産分割調停で調停が成立した事例(後妻の子と先妻と子との間の争い)

 

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。



相続に関する他の記事はこちら

相続でお困りの方へ

遺産分割問題

遺産相続問題解決の流れ

弁護士と他士業の違い

相続人の範囲

相続調査について

遺産分割協議と遺産分割協議書

遺産分割の調停と審判

遺産分割の訴訟

遺留分減殺請求

特別受益と寄与分

遺言のすすめ

遺言書の種類

遺産の範囲

相続放棄

遺産相続の範囲

限定承認

相続法の歴史~旧法の適用関係

遺言があれば・・・             

遺言があっても・・・

相続法の改正動向

預金と遺産分割に関する最高裁決定