=================================================================================================

立ち退き料をもらって,建物から引っ越しをしたHさんの事例

状況 

Hさんは,賃貸した建物で,居酒屋を経営していました。
建物の大家さんから,Hさんは,Hさんが借りている建物を壊して,新店舗を作り,別の人に貸したいとの申し出がありました。賃料は月額4万円でした。

 

Hさんは,店を移転すると,せっかくの常連のお客さんが来なくなるのではないか心配になりました。Hさんには,短期間の家賃の滞納がありました。大家さんは,どんどん計画を進めているようです。
Gさんは,不安になり弁護士に相談に来られました。
 

弁護士の関わり

弁護士は,大家さんの代理人と交渉を行いました。
交渉途中で,Hさんは,親族の看病のために,まとまった資金が必要になり,立ち退き料をもらって,退去することを決めました。

 

立ち退き料の額について,弁護士は,交渉を続け,賃料額の2年分以上の約100万円をもらって,退去しました。
 

不動産トラブルに関する他の記事はこちら

不動産賃貸契約

不動産売買取引

定期建物賃貸借契約

定期借地契約



Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


離婚・親権・慰謝料・財産分与についてお悩みの方へ


morimoto_.png

交通事故に遭われた方へ


長崎交通事故被害者相談

労働災害の被害でお悩みの方へ

労災バナー.png
 

相続が発生し、お困りの方へ

相続専門サイト誘導バナー.png
 

contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら