故人の預金を解約したいが相続人の中に行方不明者がいたという事例

事案概要

姉が亡くなったが,その姉には子どもがおらず両親も亡くなっていたため,姉の遺産を兄弟姉妹で相続することになった。しかし,兄弟姉妹の中に約20年音信不通となっている人がいた。
このような状況で,遺産である姉の預金を解約したいという相談があった。

 

そこで,当事務所において,音信不通となっている相続人について失踪宣告の申立てを行い,失踪宣告を受けた上で,その他の相続人全員で遺産分割協議を行い預金を解約した。
 

弁護士の関わり

故人の預金の解約は,原則として相続人全員で行わなければなりません(預金額が小さい場合には相続人の一部での解約に応じることもあるようです。)。

 

しかし,相続人の中に行方不明者がいる場合にはその人の協力を得ることができません。
このような場合には,裁判所に「不在者財産管理人」の選任を申し立てる,または「失踪宣告」を申し立てる方法が有効です。

 

「不在者財産管理人」とは,行方が分からなくなっている人の財産を管理する権限を裁判所から与えられた人のことをいいます。今回のケースで不在者財産管理人が選ばれれば,その人が行方不明者の代わりに遺産分割の話合いに参加することになります。

 

「失踪宣告」とは,生死が7年以上不明になっている人(船舶の沈没や震災などの危難に遭ったときは危難が去ってから1年以上生死不明の人)について,法律上死亡したという扱われる制度のことです。今回のケースでは,約20年もの長期にわたって音信不通であったこと,住民票も職権消除されていたことから,失踪宣告の制度を使うこととしました。
その結果,行方不明者を法律上死亡したものと扱うことができるようになり,行方不明者以外の相続人だけで遺産分割協議を行うことができました
 

当事務所の相続に関する解決事例 一覧

法定相続分についての貯金を訴訟をして受け取ったFさんの事例

父が後妻に遺産を全てやるとの遺言をしていたために前妻の子Jさんらが裁判をした事例

死後3ヶ月以上経過した後に相続放棄を受理してもらった事例

故人の預金を解約したいが相続人の中に行方不明者がいたという事例

当方が主張する贈与契約の不存在が裁判で認められた事例

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い)

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い2)

遺産分割審判になった事例(寄与分が認められた事例)

遺産分割審判になった事例(寄与分及び特別受益の持ち戻しを認めた事例)

遺産分割調停で調停が成立した事例(後妻の子と先妻と子との間の争い)

 

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


離婚・親権・慰謝料・財産分与についてお悩みの方へ


morimoto_.png

交通事故に遭われた方へ


長崎交通事故被害者相談

労働災害の被害でお悩みの方へ

労災バナー.png
 

相続が発生し、お困りの方へ

相続専門サイト誘導バナー.png
 

相続に関する他の記事はこちら

相続でお困りの方へ

遺産分割問題

遺産相続問題解決の流れ

弁護士と他士業の違い

相続人の範囲

相続調査について

遺産分割協議と遺産分割協議書

遺産分割の調停と審判

遺産分割の訴訟

遺留分減殺請求

特別受益と寄与分

遺言のすすめ

遺言書の種類

遺産の範囲

相続放棄

遺産相続の範囲

限定承認

相続法の歴史~旧法の適用関係

遺言があれば・・・             

遺言があっても・・・

相続法の改正動向

預金と遺産分割に関する最高裁決定


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら