• HOME
  • 借金問題
  • 新型コロナウイルスによる個人の支払いの影響

新型コロナウイルスの影響


令和2年5月4日、緊急事態宣言が5月31日まで全国で延長されました。
企業の業績が悪化すれば、企業自体の存続が危うくなる上、従業員の雇用自体が維持できるかどうかわかりません。


雇用が維持できたとしても、従業員の給与にも影響が及びます。
 
その結果、これまで支払えていた借金が返済できない、ローンの支払いができないといったことが起こります。
 
住宅ローンのリスケジュールについては,こちらをご覧下さい。
 
借金の返済に不安がある、あるいは現に支払いが困難になっているという場合には、早めに弁護士に相談すべきです。
 

借金の解決方法

 
借金の解決方法としては、下記のようなものがあります。どの手段が適切かは、ケースによって異なりますので、弁護士と相談の上適切な解決手段を選択してください。
 
 
債務整理と個人再生は借金を支払うのが前提になっていますので、全然支払う余力がない場合には破産を選択する以外ないかもしれません。
 
また、手続でそれまでの債務の支払いから免れたとしても、今後の生活が成り立っていく必要もあるため、生活保護等の公的受給の手続が必要となる場合もあります。

借金問題は弁護士法人ユスティティア森本綜合法律事務所にご相談下さい。

 

違法な給料ファクタリング

違法な給料ファクタリングが問題となっています。
貸金業法の潜脱となる新手のヤミ金の可能性がありますので、ご注意下さい。
>>>給料ファクタリングについて