人生100年時代


morimoto.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

「人間(じんかん)50年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。一度生を享け、滅せぬもののあるべきか。」
織田信長が好きだった「敦盛」の一節です。コーエーの「信長の野望」というコンピューターゲームで有名になりました。
第一文の正確な意味は,「人の世の50年の歳月は下天の一日にしかあたらない、夢幻のようなものだ」
なのだそうです。
 
しかし、戦国の世の平均年齢は50歳位だったこともおそらく事実でしょう。
日本国内で戦争していた世の中ですから、平均寿命も短かったはずです。
 
内閣府のホームペ時を見ると、
「ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計されており、日本は健康寿命が世界一の長寿社会を迎えています。」とのこと。いまや、人生100年時代の到来です。
 
「『生産性革命』と『人づくり革命』を車の両輪として少子高齢化という最大の壁に立ち向かうため、「新しい経済政策パッケージ」が平成29年12月8日に閣議決定されましたとも記載されています。
 
しかし、肝心の少子高齢化対策に関する有効な政策はまったくありません。
生産性向上は、供給側の話ですが、内需関連産業では、消費者側の縮小、マーケットの縮小こそが問題なのであり、ここに対する対策が何ら述べられていません。
 
結局、政治家や役人はまったくといっていいほど頼りにはなりません。
自分たちでできることは限られていますが、できることを地道にやっていく以外ありません。
 
年だからと言って、逃げてばかりはいられません。

「年に負けられるか!頑張るぞ!」

310404桜.JPG
平成31年4月4日      
弁護士 森  本  精  一
 
 

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。