共有している土地に、越境して駐車場を建立された事例


相談内容

Y1さんとY2さんはXさんと土地を共有していました。Xさんは取り決められた土地の範囲を越えて駐車場を建設していました。Y1さんとY2さんは何度も注意しましたが、撤去に応じようとせず、高額な撤去費用を請求してあやふやにしようとしていました。また、Y1さんとY2さんはこれを機に、土地を分割したいと考えていました。
 

争点

共有している土地の分割と駐車場の撤去ができるか
 

弁護士の提案内容

もともとこの件は調停で話し合われていたので、その調停中にXさんが駐車場部分の越境を認めていたということを主張しました。
また土地の分割については、この土地が公衆用の道路として使われており、Xさんの駐車場の越境により通行が妨げられている現状にあるので、道路としての使用を廃止するか、共有物として分割したうえで、自動車の通行利用を中止することを主張しました。
この話し合いがうまくいかなかったため、改めて調停とほぼ同じ内容で裁判を起こすことになりました。
 

結果

Xさんは、駐車場の一部である車庫部分を撤去し、撤去費用も負担することになりました。
また、Y1さんとY2さんはXさんが車庫を撤去することを条件にXさんに対し一部土地を贈与し、互いに道路部分について通行権を認めることで和解しました。
 

弁護士の所感

撤去費用を相手にもってもらう反面、土地の一部贈与と道路部分の通行権の承認という和解ならではのウィン・ウィンによる解決です。裁判という強制力を使いながら、お互いに譲歩できるところは譲歩できれば、お互いにとっていい解決が可能になると思います。


(平成31年4月13日原稿作成 担当弁護士 森 本 精 一)
 

不動産トラブルに関する他の記事はこちら

不動産賃貸契約

不動産売買取引

定期建物賃貸借契約

定期借地契約



Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら