感情的になり話合いができない夫婦が、調停で離婚解決した事例

 

相談内容

相談者X(30代)の夫Y(30代)は、妻子より自分の両親を大事にする人で、仕事にも落ち着けず転職を繰り返し経済的に不安定でした。Xはそんな彼に対する愛情が冷めてしまったため、子供のためにも離婚したいと考えていました。(Xは耐え切れず、長女〔小学校低学年〕と長男〔幼児〕を連れ実家に戻っていたため、2人は別居状態でした。)
何度か話し合いをしましたが、Yが感情的になり、一方的に話をするので一向に話し合いは進みませんでした。またXの離婚の主張や別居の経緯も一方的すぎる面が窺え、その結果周囲(特に子供たち)が振り回されている状況にありました。
当事者間の話し合いでは解決できないので、代理人が間に入り、調停で争うことになりました。
 

争点

① 円満同居で解決したい夫、離婚したい妻
② 離婚した場合、2人の子供をどちらが引き取るのか
この2つが主な争点となりました。
 

弁護士の提案内容


① Xが離婚を主張する背景や、離婚後の生活方針を確認するとともに、YのXに対する気持ちを伝えながら、Xに再考を促し、夫婦円満同居へ向けての働きかけをしました。
また、Yに対しても、Xへの思いやり、愛情表現の方法等強く反省を促しました。

② 当時話し合いの途中で、Yが長女をXの元から連れ去り、面倒をみていました。
両者とも、子供2人の親権を欲しがってはいましたが、子供らの年齢や当時の監護状況を考慮すれば現状維持(Xが長男、Yが長女の養育をする)が望ましいとし、双方やむを得ないとの意向を見せ始めました。
 

結果


調停での離婚が成立し、長男をXが引き取り、長女をYが引き取る形で解決しました。
 

弁護士の所感


確たる裁判上の離婚原因が乏しいので、調停で解決することにメリットのあるタイプの案件です。
離婚することを再優先に考えられたのでしょうが、親権者については、兄弟で夫と妻に分けることは珍しいと思います。

(平成31年4月3日原稿作成 担当弁護士 森 本 精 一)

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


離婚・親権・慰謝料・財産分与についてお悩みの方へ


morimoto_.png

交通事故に遭われた方へ

交通事故の専門サイトをご覧ください!

長崎交通事故被害者相談


専門サイトへはこちら

相続が発生し、お困りの方へ

相続専門サイト誘導バナー.png
 

contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら