妻から夫の浮気相手の女性への慰謝料請求の事例

状況

結婚4年目で,4歳のお子さんと次のお子さんが出産間近でした。
浮気相手の女性にそのメール履歴を見せてもらい,その中で夫との交際が判明したので問い詰めたところ,夫との不貞関係を認めました。

 

その後夫とは調停離婚が成立し,夫も浮気相手との女性との関係を認めていました。
相手の女性に対し,慰謝料請求の調停をしていましたが,50万円しか払えないとのことで調停不成立になっていました。
 

 

弁護士の関わり

そこで,弁護士に依頼し,浮気相手の女性に対し,裁判を起こしました。
裁判の中で,最終的には,慰謝料100万円で和解し解決しました。
 

 

補足

この事件では,相手の女性が遠隔地であったため,裁判の移送を申し立てられました。
しかし,裁判所は,依頼者である妻が,お子さんを監護養育すべき立場にあること,出産間近であること等の理由から,移送は認められませんでした。
 
不貞行為の事実は争いがなく,妊娠中であるので,不貞行為時に夫婦関係が破綻しているという相手方の主張も認められる可能性が低い事案でした。
 
また,元夫からは慰謝料200万円を受領済み,残金は分割という約束でしたが,それを考慮した場合浮気相手の女性からの100万円の解決はほぼベストに近い解決であるように思います。
 

 


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら