訴訟上,和解で離婚できた事例

状況

Tさんは,夫と3年ほど前に結婚し,Tさんと夫との間には子供が1人います。
Tさんは,夫の交友関係を心配し,それらのことでTさんと夫は喧嘩になっていました。

 

Tさんが夫に対し,離婚の申し出をしたところ,Tさんは,夫から暴力を受け怪我をしました。

Tさんは,怖くなって,警察に被害届を出しました。Tさんは,夫の暴力に関し,保護命令を申立て,裁判所から保護命令が出ました。

 

その後,Tさんは,弁護士に依頼し,夫と離婚をしたいと考え,弁護士に相談に来られました。
 

弁護士の関わり

弁護士は,Tさんの代理人となって,Tさんの夫との離婚調停を裁判所に申立てました。
調停の話し合いの場では,夫は,親権を譲りませんでしたので,調停は不成立で終わりました。

 

その後,弁護士は,Tさんと夫との間の離婚について,離婚訴訟を申立てました。

 

訴訟の場では,夫は,親権をTさんへ譲ることに合意しましたので,Tさんと夫は,訴訟上,和解で離婚することができました。
    
 

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら