調停の途中で弁護士に依頼され、調停離婚を成立させたGさんの事例

状況

Gさんは,30年以上前に夫と結婚し,子は皆成人しています。
Gさんの夫は,昔,Gさんを殴ったり蹴ったりしていました。
Gさんと夫は別居が長期になっています。

 

夫は,Gさんに年金の中から生活費を送ってくれていましたが,額についてもめるようになっていました。
別居も長期になっており,Gさんは夫と離婚して,財産を分けてもらうことを決めました。
Gさんは,自分で調停を申立てていましたが,調停が長期になってしまったことから弁護士に相談しようと思い,弁護士に相談に来られました。
 

弁護士の関わり

当初,訴訟まで進行するかと思われましたが,弁護士が同行した調停で夫と合意できました。Gさんの夫は,年金分割の案分割合0.5をとても嫌がっていましたが,最終的には納得され合意ができました。
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら