=================================================================================================

500万円の慰謝料を請求されていたが慰謝料がゼロとなった夫Cさんの事例

状況

会社員のCさんは,妻と約10年前に結婚し,2人の間には1人の幼い子どもがいます。
Cさんと妻は,性格が合わず,時々,喧嘩をしていました。
お互いに浮気などはありませんでした。

 

話合いの上,離婚の合意ができましたが,Cさんも妻も子の親権を譲りませんでした。妻が子を連れて家を出ました。
Cさんは,妻から後日,離婚調停を起こされ調停が不調となった後,離婚訴訟を起こされました。妻からCさんに対する慰謝料の請求が500万円でした。

 

Cさんは,驚いて弁護士のところへ相談に来られました。
 

弁護士の関わり

弁護士は,依頼を受けて離婚訴訟の応訴をしました。慰謝料の部分がメインとなりました。
第1審では,Cさんが妻へ50万円の慰謝料を払うという内容の判決が出ました。

 

Cさんは,控訴して,控訴審の第1回期日までの間に,Cさんが妻に貸していた50万円の貸金について妻が払ったものとする代わりに,Cが妻に対する慰謝料を払ったものとするという内容の合意書を交わし,控訴を取り下げました。
結局は,Cさんは,妻から請求された慰謝料を払うことなく離婚に至りました。
 

補足

Cさんの妻は弁護士を付けて離婚訴訟を起こしましたので,Cさんも弁護士を付けて対応することを選択されました。訴訟では,弁護士が代理人として裁判に出頭しており,ご本人は,訴訟の最後の方に裁判所から呼ばれた際に弁護士と一緒に出席すれば足ります。
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら