=================================================================================================

浮気をして家出をした夫と離婚した妻Aさんの事例

状況 

会社員のAさんは,会社員の夫と約10年前に結婚しました。
Aさんと夫との間には2人の子どもがいました。

 

しかし,夫は,毎日,仕事以外の時間を趣味のゲームやギャンブルなどに使い,家族をかえりみませんでした。
また,夫は,一人で旅行に行くなどしていましたが,後日,夫のメールから夫が浮気していたことがわかりました。
Aさんが問い詰めたところ,夫は,しばらくして家出をしてしまい,住居がわからなくなりました。夫は,Aさんに生活費もくれなくなりました。
その後,間もなく,Aさんが弁護士に相談に来られました。
 

弁護士の関わり

弁護士は,生活費をもらうために,すぐに婚姻費用分担調停(離婚までもらえる毎月の生活費の額を決めるもの)を申立てました。
また,婚姻費用分担調停と同じ期日に離婚についても話合いができるように第1回の調停期日までの間に離婚調停を申立てました。
婚姻費用分担調停は,2回目の調停で合意に至りました。

 

その後,離婚調停については,相手方の浮気について,直接の証拠はありませんでしたが,350万円の慰謝料を払ってもらうことで夫と合意ができました。
子ども2人の親権もAとすること,子らの養育費について,離婚前の婚姻費用と同額の額で20歳までもらう内容で合意ができました。
 

補足

夫の浮気の慰謝料について,直接の証拠がなかったので,調停で慰謝料を支払ってもらう内容の合意ができたことに大きな収穫がありました。また,離婚後の子どもの養育費と離婚前の生活費である婚姻費用は,通常は,離婚後は妻の分の生活費分が削られるので,額が下がるところですが,通常よりも多い額の養育費についての合意ができました。
 
弁護士にご依頼されたことで,連絡も取れなくなっていた夫と早期に離婚ができた事案でした。
 

 

当事務所で解決をした離婚の解決事例はこちらをご覧下さい。


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら