• HOME
  • 諫早/島原/大村/長崎の債権回収

債権回収

「取引先からの入金が滞っていて支払いに困っている」
「執拗に働きかけをしても債権の支払に応じてもらえない」
「債務者へのアプローチ方法がわからずに、話し合いにすら応じてもらえていない」
 
債権の回収は、債権者が頭を悩ませる典型的な問題の一つです。企業活動においては、売掛金の未回収や取引先の入金遅れといったトラブルが日常的に発生しており、直接訪問をしても支払いに応じてもらえなかったり、話し合いにすら応じてもらえなかったりと、回収が困難なケースは多く存在します。
 
債権回収が困難なケースとは大きく以下の3つです。
 

①債務者の支払い意思がない場合

支払意思がない原因は何かを突き詰めていくことになります。③の場合には、クレーム処理の話になります。
これに対し、正当なクレームとはいえない場合には、弁護士と相談して法的な対応に移行すべきことになります。

 

②債務者に支払能力がない場合

支払能力を聞き取って、その裏付けを取りながら、可能な範囲での分割払いとなりますが、保証人を取ったり、担保を取ったりできないか、支払期日前の入金確認など検討すべき点は多岐にわたります。

 

③債権者側に問題がある場合

販売した商品やサービスに不満がある場合です。将来的に再度顧客となる可能性もあり得るので、「お客様」として丁寧に取り扱うべきことになります。
 
弁護士法人ユスティティア森本綜合法律事務所では債務者の財務状況を可能な限り調査をした上で、債権回収の可否判断や催促に応じてもらうためのポイントなどをお伝えさせていただきます。債権回収はより専門的なノウハウを要する分野ですので、まずはお気軽にご相談ください。
 

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。



債権回収に関する他の記事はこちら

債権回収

債権回収の方法

内容証明郵便について         

取引先が倒産した場合の債権回収