取引先の企業に契約を突然打ち切られたため、設計契約料相当の損害賠償を請求した事例

 

相談内容

X会社はY会社より、ある土地に新しく建築する建物の設計をするよう依頼を受けました。しかし、最終的に工事請負代金が折り合わず、Y会社は正当な理由もないまま交渉を打ち切りました。設計は完了していたので、Y会社に設計料の支払いを求めましたが、それに応じなかったため、X会社は弁護士に相談し設計料を請求する訴訟を提起しました。Y会社は、X会社に設計から工事までを一括で請け負ってもらう契約をしていたと主張し、逆にX会社が契約を途中で破棄しているので(工事まで行っていないので),損害賠償を支払うべきだと反訴を提起しました。
 

争点

①どちらの会社が契約交渉を不当に破棄・破綻させたか
②請負契約と施工契約は別々の契約か,設計施工一括請負契約か
③過失相殺
 

弁護士の提案内容

まず、締結直前まで進んだのは設計契約のみであったことを主張しました。また、すでに金額合意ができており、支払時期についての微調整段階に入った段階で、施工契約締結のための正確な見積もりを計算するために、設計図の完成や建築確認申請のための準備作業を強制されていたことからX会社には作業成果が存在すると主張しました。
 

結果

契約締結に至る準備段階での過失で,Y会社の過失が認められた反面,Y会社の反訴請求は認められず、X会社の損害金の一部が認められました。
 
 

弁護士の所感

契約締結上の過失は,実務でしばしば問題になる難しい問題です。
契約締結上の過失とは、契約締結の段階またはその準備段階における契約締結を目指す一方当事者の過失のことで、契約内容に関する重要な事項について調査・告知しなかったり、相手方の合理的期待を裏切るような行為をすることにより、不測の損害を被った相手方を救済するための法理論です。
この責任の性質は,不法行為責任であるとされるため,過失相殺の適用がありえます。
本件では,一審でXが請求できるのは4割とされたのに対し,控訴審では6割と変更になっています。

企業法務に関する事項


契約書の作成について


債権回収について


自己株式の取得に関するQ&A


会社経営者が知っておくべき取締役の法的責任

当事務所の企業法務に関する解決事例

会社の経営を悪化させていた取締役を解任したら損害賠償を請求された事例

取引先の企業に契約を突然打ち切られたため、設計契約料相当の損害賠償を請求した事例 


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。


離婚・親権・慰謝料・財産分与についてお悩みの方へ


morimoto_.png

交通事故に遭われた方へ

交通事故の専門サイトをご覧ください!

長崎交通事故被害者相談


専門サイトへはこちら

相続が発生し、お困りの方へ

相続専門サイト誘導バナー.png
 

contents menu

諫早(主たる事務所) 0957‐22‐8100 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

島原事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎事務所 0957-73-9980 平日・土曜 9:00~18:00

アクセスはこちら

長崎交通事故被害者相談

専門サイトへはこちら

事務所サイトへはこちら