女性の借金相談

 ・夫がリストラになり、収入が途絶えているため借金をして生活をしている
 ・養育費の足しにするために借金をしたが、返済が厳しい
 ・家族に内緒でカード決済での買い物を繰り返し、返済が厳しい など
 
借金のきっかけは人それぞれですが、女性の場合、自分のため以外にも、子どもや家族のために借金をすることも多くあるようです。返済が厳しくなっても、家族に相談できず思い悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、一人で悩んでいても何も解決はしません。

 

また、家族と話し合ってはいても、解決のために前向きに動いていれば良いのですが、ただ思い悩むだけで状況が変わっていなかったら、根本的な解決にはなりません。
 
借金問題は、弁護士に相談すれば必ず解決します。どうか一人で悩まず、まずはご相談ください。
依頼者様が納得のいく解決をするサポートをいたします。
 
 

女性からのよくあるご質問

Q 家族に内緒で相談できますか?
A 弁護士にご相談する時点では、ご本人様が話さない限りは誰にも知られることはありません。
まずは相談で弁護士と一緒に解決方法を探しましょう。
 
Q 借金の取立てが怖くて仕方ありません
A 取立ての電話が頻繁に来る、怖そうな男性が自宅にまで押し寄せて怖い、などという話も聞きます。精神的にもつらく、苦しい状況かと存じます。ご相談の上、弁護士に依頼をすれば、債権者に通知を送り取立てをすぐにとめることができますので、お一人で悩む前に、まずは当事務所にご相談ください。
 
Q 離婚すれば借金を支払わなくてもよいですか
A 夫名義の借金を支払う必要はありませんが、離婚してもご自身名義の借金は支払う必要がありますし、連帯保証人になっている場合には、法律上の支払義務も残っています。借金全体としてどのような解決をするかを検討する必要がありますので、当事務所にご相談下さい。
 
 

借金問題の解決事例集

キャッシング取引(既に完済)の過払金返還請求の事例

高額なローンを組んだために、借入金の返済と生活費の不足で相談に来られた事例

総額約1,320万円の過払金を回収することができた事例

約130万円の過払金を回収することに成功した事例

過払いと残債務が残った債権者が混在した事例

債務総額約620万円を個人再生で約110万円まで圧縮した事例

債務が半額以下に圧縮した事例

受け取った内金の6割のみの分割返還で和解が成立した事例

事例 350万円を超える過払金を回収できた事例

個人再生手続きで、住宅ローンの支払をしながら、他の債務を圧縮した事例

住宅ローンの弁済期間を10年間延長し、毎月の支払額を減額した事例

個人再生の弁済原資を確保が困難だったため、破産申立に踏み切った事例

債権者の裁判申立に応じず、勤務先の給与を押さえれれた事例

「自由財産権の拡張申立」で、退職金の全額が自由財産と認められた事例

 

 

借金問題に関する他の記事はこちらをご覧ください。

自己破産とは

法人破産について

任意整理について

過払い金返還請求について

完済済みの過払い金について

個人再生について

弁護士と司法書士の違い

住宅ローン滞納でお悩みの方へ

よくある質問

消費者金融の倒産について

男性の借金相談

女性の借金相談

免責について

   


Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。