遺言があっても

 

遺言があったので,安心していました。ところが,・・・

 

CaseⅠ

父の敷地に家を建てた。
母は既になくなっており,子供達は自分を入れて3人
土地の評価は遺言作成時も亡くなったときも3000万円で,あまり変わっていません。
父から依頼を受けた弁護士は,家を建てた子供に土地をやる,遺留分に相当する500万円ずつをほかの子供2人に遺贈するという遺留分の先取りタイプの遺言を作っていました。
 
ところが,・・・
遺言作成時から亡くなるまで時間があったので,2人の子供に分かるはずの合計1000万円の金融資産を投資詐欺にだまされて,全部使ってしまっており,亡くなったときには,金融資産はほとんどありませんでした。
 
 
→結局,土地を取得した子供は,遺留分対策として,遺産でまかなうことができず,自前で遺留分の価額弁償分1000万円を用意せざるを得ない羽目になりました。
 
遺言の定期的な見直しをしましょう。
場合によっては書き換えることも検討しましょう。
 
遺言は書き換えができるので,財産状況が変わったら,それに応じた遺言に書き換えることが必要です(もっとも,この事例では,金融資産が0に近くなった時点で,遺留分の先取りタイプの遺言は作成できなくなるため,むしろ投資詐欺の話があったときに,それにのっていいかという相談をしてもらうことが必要です)
 
 

CaseⅡ

 
独身で過ごした叔母が遺言を作ってくれていました。その遺言では,長男の甥が叔母の不動産の1部をもらうという内容になっており,その不動産には甥夫婦が居住していました。
叔母本人は,遺言を作って安心と喜んでいました。
 
ところが,・・・
甥は若くで病死してしまいました。叔母が亡くなる前に亡くなったのです。
どうしたらいいでしょう?
 
遺言の定期的な見直しをしましょう
場合によっては書き換えることも検討しましょう
 
甥にあたる方が先に亡くなると,受遺者が先に亡くなった場合は,遺言の効力はその限度でなくなってしまいますから,おばさんの兄弟姉妹や,兄弟姉妹が亡くなっている場合は,代襲相続人である甥姪まで入れての遺産分割協議が必要になります。
したがって,甥にあたる方が先に亡くなったときに,甥の嫁に居住不動産をやるという内容に書き換える必要があったのです。
 
もう一つは,遺言作成時に,甥の健康状態が悪く,叔母さんより長生きしそうになければ,甥が叔母さんより先に亡くなった場合は,甥の嫁に遺贈するという遺言を加えておけばよかったことになります。


遺言の書き直しのご相談も弁護士法人ユスティティア森本綜合法律事務所へご相談下さい。


 

当事務所の相続に関する解決事例 一覧

法定相続分についての貯金を訴訟をして受け取ったFさんの事例

父が後妻に遺産を全てやるとの遺言をしていたために前妻の子Jさんらが裁判をした事例

死後3ヶ月以上経過した後に相続放棄を受理してもらった事例

故人の預金を解約したいが相続人の中に行方不明者がいたという事例

当方が主張する贈与契約の不存在が裁判で認められた事例

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い)

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い2)

遺産分割審判になった事例(寄与分が認められた事例)

遺産分割審判になった事例(寄与分及び特別受益の持ち戻しを認めた事例)

遺産分割調停で調停が成立した事例(後妻の子と先妻と子との間の争い)

 

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。



相続に関する他の記事はこちら

相続でお困りの方へ

遺産分割問題

遺産相続問題解決の流れ

弁護士と他士業の違い

相続人の範囲

相続調査について

遺産分割協議と遺産分割協議書

遺産分割の調停と審判

遺産分割の訴訟

遺留分減殺請求

特別受益と寄与分

遺言のすすめ

遺言書の種類

遺産の範囲

相続放棄

遺産相続の範囲

限定承認

相続法の歴史~旧法の適用関係

遺言があれば・・・             

遺言があっても・・・

相続法の改正動向

預金と遺産分割に関する最高裁決定