• HOME
  • 相続
  • 遺言があればよかったのに

遺言があればよかったのに・・・

 

遺言があったら,もっといい解決になっていたのでは?

 

CaseⅠ


Q 父は高齢で認知症です。母が先に亡くなりました。
母名義の預金が結構たくさんあるのです。
そこで,子供達で相談して,父の相続すべき分を先取りして,子供達だけで遺産分割することができないでしょうか。
 
A 意思能力のない父の遺産分割協議
法的には無効であるとともに,お父さんの署名を誰かが代わって記載すると私文書偽造罪になります。
あとで不満に思う子供達からその点を問題にされると大変なことになります。
 
お父さんには後見人選任が必要です。
後見人は職務上法定相続分1/2は必ず確保しますので,お父さんがお亡くなったときにもう一度遺産分割協議をしていただくしかありません。
 
 

CaseⅡ


Q 父の敷地に家を建てました。
母は既になくなっており,子供達は自分を入れて3人です。
父が亡くなったとき,ほかの2人から土地の分の代償金を求められていますが,
土地の時価額(3000万円)が高く,代償金を支払えません。
 
A 遺言があれば,遺留分請求があっても相続分の半分ですみます。
土地が3000万円だと相続分は1/3の1000万円ずつです。
代償金として2人分2000万円を支払う必要があります。
これに対し,遺留分の場合は,法定相続分の半分なので,1人500万円ずつの2人分1000万円の価額弁償ですみます。
これをみこして,父親は,生前に遺言を作り,家を建てた子供に土地をやり,遺留分に相当する500万円ずつをほかの子供に遺贈するという遺留分の先取りの遺言を作ることも可能です。
 
 

CaseⅢ


Q 子供がいない相続(と思っていた)
夫に先立たれたが,子供がいなかったので,遺産は全部自分のものになると思っていました。
 
A 妻以外に夫の両親が生きていれば,両親が相手になります。
両親が亡くなっていれば夫の兄弟が相続人になります。
夫に離婚歴があり,前妻との間に子供がいて,音信不通だったとしても,この子供らにも相続分があります。
 
夫亡くなったあと,夫の両親や夫の兄弟,あるいは前妻の子供達を相手にするのは大変だと思います。
両親は,直系尊属なので,妻が2/3,両親が1/3×1/2ずつ
兄弟の時は,妻が3/4,兄弟が1/4です
前妻の子供達がいると,妻は1/2,子供達の合計が1/2でこれを頭数で割ることになります。
 
そこで,遺言で全部妻にやるというふうにしておき,
両親は遺留分を行使できるが,両親の時の遺留分は相続分の半分なので1/3×1/2×1/2ずつで,1/12ずつで,合計1/6
兄弟には遺留分はないので,遺言のままとなります。
前妻の子供達の遺留分は合計で1/4です


このように,遺言があれば,もっとよい解決になった事例はたくさんあります。

遺言の作成のご相談は,弁護士法人ユスティティア森本綜合法律事務所へご相談下さい。
 

当事務所の相続に関する解決事例 一覧

法定相続分についての貯金を訴訟をして受け取ったFさんの事例

父が後妻に遺産を全てやるとの遺言をしていたために前妻の子Jさんらが裁判をした事例

死後3ヶ月以上経過した後に相続放棄を受理してもらった事例

故人の預金を解約したいが相続人の中に行方不明者がいたという事例

当方が主張する贈与契約の不存在が裁判で認められた事例

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い)

遺産分割審判になった事例(後妻と先妻との間の子との争い2)

遺産分割審判になった事例(寄与分が認められた事例)

遺産分割審判になった事例(寄与分及び特別受益の持ち戻しを認めた事例)

遺産分割調停で調停が成立した事例(後妻の子と先妻と子との間の争い)

 

Top5.jpg


他の記事はこちらをご覧ください。



相続に関する他の記事はこちら

相続でお困りの方へ

遺産分割問題

遺産相続問題解決の流れ

弁護士と他士業の違い

相続人の範囲

相続調査について

遺産分割協議と遺産分割協議書

遺産分割の調停と審判

遺産分割の訴訟

遺留分減殺請求

特別受益と寄与分

遺言のすすめ

遺言書の種類

遺産の範囲

相続放棄

遺産相続の範囲

限定承認

相続法の歴史~旧法の適用関係

遺言があれば・・・             

遺言があっても・・・

相続法の改正動向

預金と遺産分割に関する最高裁決定